セレブな社交ダンスのおもてなしについて

2017012301

今回の記事は、東京オリンピック開催が決定したときに話題になりました”おもてなし”についてです。

社交ダンスといえば、優雅で華麗な舞踏会のイメージ。そこには、業界特有のおもてなしがあります。

カジュアルにスポーツとして楽しまれる愛好家も多いのですが、現在でも、西洋中世のように華やかな舞踏会(ダンスパーティー)がホテルの宴会場などで開かれています。

今回の記事では、このダンスパーティーについても触れながら、そこでの”おもてなし”について紹介していきたいと思います。

さらに見る

祝!!ワールドダンスフェスティバル開催

dsc00669

 

いつもお世話になっている八田先生主催のワールドダンスフェスティバル2016が開催され、CYBDメンバーはボランティアスタッフとして、イベントに参加しました。

 

今年で2年目となるダンスのチャリティーイベントでした。昨年度より会場、出演者ともにスケールアップ。

 

今回のチャリティー先は”車いすダンス”ということで、実際に車いすダンスの選手にデモンストレーションもしていただきました。

 

無事盛大にイベントを終えることができて、とてもうれしく思います。協力していただいたみなさま、誠にありがとうございました。

 

当日の会場の写真を少しながら紹介します。

 

さらに見る

ホールドをキレイにするメカニズムについて【身体の構造から考える】

Ballroom_partner

引用:http://www.ballroombeginner.com/

 

ホールドについてはレッスンのときに、たくさん治されるのが社交ダンス、特にスタンダードダンサーの悩みですよね。

 

落とさない、肩をあげない、肘をあげすぎない、、、

 

たくさんの指摘を受けるなか、何が正しいのかわからなくなるのは初心者も上級者も同じことだと思います。

 

一方で、このような指摘は、ダンサーの間違いを修正するものであって、基本原則でないことも理解しておきたいところです。

 

人体のメカニズムについて、少し知識をいれているだけで、何を指摘されているのかが理解しやすくなり、上達も早くなります。

 

今回の記事では、ホールドに関する身体の構造についてと、そのストレッチ、トレーニング方法を紹介したいと思います。

 

さらに見る