シャドウ練習しているのに組むと自分の思い通りに踊れない理由について

社交ダンスは男女のペアダンスですが、上達の秘訣はとにかく“シャドウ練習” を多くすることにあります。

 

組んで踊るということは、実に高度な話です。

 

まず、ステップを完璧に覚えた上で、自分のタイミングだけでなくパートナーに合わせて踊ることが必要になります。

 

ちょっとした悪いクセや、些細なステップの間違いでも、組んで踊ること上ではそれが致命的なほど大きなバランスのみだれや、ときに全く足がだせなくなることにつながることもあります。

 

だからこそ、“組んで踊る前に、自分一人で習ったことをしっかり練習しておく” ことが必要なんですね。

 

これを“シャドウ練習”といいます。

 

しかし、シャドウ練習で「だれからも助けを受けずに一人で踊れるようになった」、「曲に合わせて止まらずに踊れた」というところまできても、パートナーと組んで踊ってみると、思ったように踊れないという経験をする事はよくあることです。

 

今回の記事では、シャドウ練習をするときにぜひ注意しておきたいポイントを紹介したいと思います。「せっかく頑張ったのに」と自分が努力にがっかりする前に、ぜひご一読ください。

 

さらに見る