設立者のプロフィール

【CYBDの部長、設立者のプロフィール記事です。】

社会貢献が直接肌で感じられる仕事がしたいという思いから地方公務員として働くいち社交ダンス愛好家です。

 

本サークルは、私の職場内の部活動として仲間たちと社交ダンス部が成り立ちとなっています。

初めのうち、活発であった部活動でしたが、設立当初のメンバーも仕事が忙しくなるにつれていなくなり、現在のように外部から募集をかける形になりました。

 

私自身、あまりダンス以外のことで経験値が少なかったこともあり、外部募集を始めた当初は勧誘方法、提供するサービスの内容について、なかなか充実することができず、お恥ずかしいことですが、メンバーがだれもいなくなるようなことも経験し、何度も辞めようかなと思ったこともありました。

しかし、仕事以外でも社会になにかしら貢献できる活動をやっていきたい、また、これまで続けてきた社交ダンス界の活性化に少しでも尽力したい。そんな思いから、現在まで試行錯誤の上でサークル活動を運営しております。

 

当サークルでは、社交ダンスの普及はもちろんのこと、はじめてみたい、または、続けたいのにする場所がないという方へ、社交ダンスを踊れる舞台を提供してくことを方針として活動をしております。

現在では、週1回の定期練習会の実施にもかかわらず、現在では年間20程度の新規の講習者を迎えており、運営協力者も約10人ほどの仲間に支えられ活動が行えるようになりました。

 

社交ダンスはペアダンスとして1つの優れたコミュニケーションのツールであり、また生活に彩りや活力を与える力をもっています。世間にもっとこの文化を広めることで、地域のコミュニティーが活性化に貢献できるのではないかと考えています。

 

定例の練習会の他、また毎年独自の練習の成果を披露するダンスイベントや、サークル合宿、その他親睦旅行などを企画し、参加に十分満足いただけるコンテンツを揃え、より社交ダンスがみなさまの身近に感じられるようになるようサークルを邁進させていきたいと思っております。

 

つかぽん