コラム

社交ダンスのヘアメイクの参考動画について(男性&女性)

社交ダンスの試合では選手は髪上げというものしますが、競技中にで髪が舞ってしまわないように、しっかりまとめあげるのが慣例となっています。

おしゃれな髪上げは、とにかく立体的な仕上がりをしなくてはいけませんが、自分ではなかなかできないので、ここぞという試合では、お店でやってもらう方がよいかと思います。

でも、毎試合度に髪上げしてもらうと金銭的な負担になりますし、専門的な領域までいけなくても、自分でも練習すれば次第にそれっぽく作れるようにはなります。

今回の特集では、そんな社交ダンスの髪上げの参考動画を紹介したいと思います。

 

(1)女性向けの競技会用社交ダンス髪上げ

かなり髪のボリュームがなければ、参考の動画とおりにはいかないと思いますが、コツとしては、まずジェルやスプレーにより、髪を後方で巻き上げゴムで縛り、少しブラシで髪を逆立てながら、ネットとヘアピンを使って、立体物を作っていきます。

また、立体物の位置をつむじ上に作るのか、少し下げた位置で作るのかは頭の形や自分の好みによって調整してもよいと思います。

 

(2)男性向けの競技会用社交ダンス髪上げ

社交ダンスの男性の髪上げは最近はツーブロックからの、七三かオールバックがよくある髪型なのかなと思います。

やはり男性の髪上げも立体的につくることはかなり難しいです。ポイントとしては、頭頂部、分け目、サイドなどパーツごとにジェルやスプレーなどで固めるのではなく、ドライヤーなどで全体的に形を作ってから、少しずつ固めていくと、バランスのよい髪上げになるかと思います。

 

 

関連記事

  1. コラム

    人との距離感を社交ダンスで科学する(社交ダンス×パーソナルスペース)

    エレベーターや満員電車など、人が密集しやすい空間で見知らぬ人との距離が…

  2. コラム

    社交ダンスの大切な気づかい[アサーション×社交ダンス] ”心の底”からダンスが楽しめる方法について

    4月は新生活が始まりの季節ですね。新天地でお仕事される方もいると思いま…

  3. コラム

    社交ダンスの審査のポイントについてわかりやすく解説します(初級編)

    社交ダンス競技の試合は複数のカップルが同じフロアで踊り、どのカップルが…

  4. コラム

    日本人からインターナショナルなダンサーへ

    ダンスファン20163月号よりジャーマンオープンPDス…

  5. コラム

    出会うために趣味や習いごとを始めるときのススメ かけがえのない人と出会うために”社交”を学ぼう

    最近、仕事が忙しく新しい出会いがない、すぐに恋人がほしいわけではないけ…

コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

PAGE TOP